現金化

借金にならないクレジットカードの現金化

借金にならないクレジットカードの現金化

(公開: 2016年1月19日 (火)

キャッシング専用のローンカードを作る場合、銀行などの金融機関でローンを組む場合には必ず審査が行われます。返済能力などを審査するものであり、この審査が可決されれば限度額などが決まるのです。そしてこの審査を行う時に金融機関が情報源として利用しているのが個人信用情報機関であり、ここにはいつどこに申し込んだのか、いつどこでどんな借り入れをしたのか、過去に金融事故がないかなどの情報が金融機関を問わず記録されています。つまりこの機関にマイナスの情報が残ってしまうとほとんどの場合、長い間きろくが残ってしまうのでローンを組む際などに不利になってしまうのです。 

その点、クレジットカード現金化であればショッピング枠を利用した借り入れとなるので基本的には個人信用情報機関に借金の履歴などが残ることはありません。

クレジットカードの現金化の仕組みとしてはクレジットカードの現金化を行っている業者が指定した商品をクレジットカードで購入し、購入のキャンセルもしくは販売した業者に買い取ってもらうことで現金を得ることができるのでクレジットカードの利用明細にはショッピングをした履歴しか記載されません。つまり現金化を行った後はクレジットカード会社にクレジットカードの現金化を行っている業者でのショッピングの代金を返済しなければならずクレジットカードの現金化によって借り入れを行っているのですが、借金をした履歴は残っていないので信用情報に傷を付けることがないのです。