PMSを緩和する食生活

骨盤の傾きは腰の周りの血流を悪化させます。

 

 

卵巣機能が狂い、ホルモンバランスが崩れ始めます。

骨盤のゆがみを矯正するストレッチやバランスボールを使用してみましょう。軽い運動などで体内温度を上げる運動を日常的に行うと、自律神経が正常化してきます。

 

心身共に調子が良くなり血流も改善されるのでむくみのケアにもなります。

 

 

もちろん自覚症状のない人もいますが、月経のある女性の、およそ80%にいずれかの月経になる前に体の不調の自覚があると言われています。症状が現れる時期は各々個人差があり、排卵時期から月経開始までずっと続く人もいますし、月経の2~3日前から少しだけ不快感が出る人もいます。

月経前症候群とは、月経に関連していて定期的なスパンで身体や精神に様々な不調が生じることをいいます。PMS 対策

症状は月経になる2週間ほど前から出始め、排卵後に黄体ホルモンが分泌される時期と重なっており、月経になると治り始めます。

体に見られる症状は、吐き気や頭痛などの他にも色々あります。精神面にみられる状態としては、イライラやぼーっとするなどが挙げられます。

 

 

 

月経前になると血糖値が上がってしまわないようにするインスリンの働きが薄れてしまい血糖値が上がります。

こうなると、体が血糖を下げなくてはと頑張り過ぎてしまうことで逆に血糖が下がり過ぎてしまうのです。

こういった流れによる低血糖により、PMSを発症するのであろうと言われています。

 

 

 

PMSの症状を緩和するにはビタミンやミネラルを取り入れることが役に立ちます。

 

 

バランスの良い食事はもちろん必要ですが、日常的に栄養不足と思われる方はビタミン、ミネラルをサプリメントやドリンクで補充することをお勧めします。

 

逆に甘い菓子類は、無駄にビタミン・ミネラルを消費し、心が苛立つ原因となります。